もち麦ダイエット 20代 女性 お腹周り

もち麦ダイエットの20代女性はお腹周り痩せ出来る!

もち麦ダイエットの20代女性はお腹周り痩せ出来る!

 

ストレスやイライラで暴飲暴食をすることが続いて、短期間でウエストがすごく太くなってしまいました。これ以上太ると手持ちの服が着られなくなるし鏡で自分の姿を見るのが辛いので、ダイエットを決意してウエストを細くしようと思って同世代の20代女性に向いているダイエット法を調べてみました。

 

断食やダイエットシェイクなどではなくなるべく普通の食生活を続けながら痩せられる方法を探したら、もち麦ダイエットを見つけて面白そうだと思ったので始めることにしました。

 

もち麦は近所で手に入る

もち麦は近所のスーパーで簡単に手に入ったので取り寄せたりしなくてよく、すぐにもち麦ダイエットを開始することができました。朝ごはんのときに普通の白米ではなくもち麦を食べるだけなので、違和感がなく続けられて昼と夜は好きなものを食べていいので食事制限もほとんどありません。

 

もち麦の食物繊維は水溶性なので体内で糖分の吸収を妨げてくれるそうです。20代女性はパンやお菓子などが好きな人が多くて炭水化物を過剰に摂取してしまうので、もち麦ダイエットによって糖分の吸収を制限すれば余計なエネルギーが体脂肪として蓄積されずに運動エネルギーになって発散されるので太るのを防ぐことができます。お通じがよくなるのでお腹周りのダイエットにも最適で、ウエストがすっきりして腸内環境も整います。

 

もち麦ダイエットの効果

もち麦ダイエットを始めたら本当に便秘がなくなって、まだあまり体重が減っていないのにお腹周りが痩せてきたのがわかりました。食感がもちもちしていて美味しいので食べやすいし、よく噛むことでゆっくり食事をして満腹感も得られます。普通の白米よりも味わいがあり、どんなおかずにも合うので毎日食べても飽きません。

 

今では白米よりももち麦のほうが好きになってしまったので、朝食だけでなく夕食にも使ったりしています。余ったもち麦は冷やご飯と同じように保存したりおかゆやリゾットとして再利用できるので、効率よく使えて経済的なダイエットです。